サービス一覧

暴飲暴食や有毒な微生物や化学物質を含んだ食べ物を摂る事で、食あたりになることがあるのです。
特に魚、肉、卵などの生鮮食品を加熱せずに食べる事で、症状が現れやすいと言えるでしょう。
細菌感染は、全体の70%~90%を占める割合となっています。
O-157や黄色ブドウ球菌などの感染により発症することが多いのです。
食あたりになると下痢、腹痛、嘔吐の症状が現れるでしょう。
下痢は水のようだったり、血や粘液が混じったようになるのです。
風邪と間違えて処置が遅れる事のないように気をつけましょう。
食あたりになった時は、体内にいる細菌やウイルスを排出させるために吐けるだけ吐く事が大切です。
嘔吐や下痢によって、脱水症状になってしまうこともあるのです。
しっかり水分補給を行うことが大切でしょう。
冷たい飲み物は刺激が強いので、温かい飲み物を摂るようにしましょう。
スポーツドリンク、みそ汁、野菜スープなどは栄養補給もできるのでお勧めです。