前へ
次へ

彼氏から過去の恋愛話を聞かれたときの答え方

交際相手や気になる相手と話しているときに過去の恋愛について聞かれたことがあるという人もいるのではないでしょうか。もし今の彼氏に過去の恋愛話を聞かれたとき、どう答えるとベストなのでしょうか。交際経験があるかどうかや交際期間・元の彼氏と今どんな関係かくらいは内容に注意すれば、話しても大丈夫な話題です。逆に交際人数や元の彼氏の良かったところなどは自分から触れないようにしましょう。交際期間に関しては、あまりにも短すぎると遊んでいるような印象を受けますし、逆に長すぎても相手が引いてしまう場合もあります。相手との仲に波風を立てたくないのであれば、交際期間は1~3年以内と答えておくのが無難です。また元の彼氏とまだ交流がある場合ですが、「ほとんど連絡を取っていない」と言うか「何か用があるときに連絡が来るくらい」というように親密さを感じさせるような言葉は避けましょう。こういった内容は若干言葉を濁しておくくらいにしておくことがおすすめです。またもし彼氏から交際人数を聞かれてしまった場合ですが、交際人数が4人以上である場合は2~3人というように数は少なめに伝えるようにしましょう。交際人数が4人を超えると男性にとっては、多く感じられるようです。元の彼氏の良いところを聞かれた場合ですが、あまり詳細に良いところを語ることはやめておきましょう。自分から聞いておいてと思う方もいるかもしれませんが、前の交際相手のことを褒めすぎると、相手は比べられていると思ったり、前の相手に気持ちが残っているのではないかと感じてしまいます。最悪の場合自分から気持ちが離れてしまうこともあるので答え方には注意しましょう。こういった内容を聞かれたときはサラッと答えるように意識をし、少しずつ違う話題に相手を誘導するようにしておいた方がおすすめです。過去の恋愛話を彼氏が聞いてくるときは前の相手を引きずっていないかなど、嫉妬の感情から聞いてくることが多いようです。ですので、あまり正直に答えすぎるとケンカになってしまったり印象が悪くなったりする可能性もあるので、何もかも正直に答えるのはやめた方がよさそうです。もし、過去の交際相手がいい人ではなかった場合も悪口を言うことはやめておきましょう。別れた交際相手の悪口を言う相手に対する男性の評価はけしてよいものではありません。自分の評価を下げたくないのであれば、前の交際相手の悪口は言わない方が賢明です。また話しづらいことをはぐらかそうとする人もいますが、逆に相手から不信感を持たれる場合もあります。不信感を持たれないようにしたいのであれば、単純にはぐらかすのではなく「前の相手はこうだったけれど、あなたの方が好き」というようにフォローを加えておくと不信感を持たれることなくはぐらかせそうです。

Page Top